紙本明子

特技: 損益の試算。ビジネスモデル分析。 |  好きな食べ物: 高いアイス(専門店で盛りっと盛るタイプ)。高いお肉。 |  好きなタイプ: 黒髪。聡明。清潔。非煙。 |  人生の一言: 「ああ!頭が見えてきた!」(劇団衛星:千年王国の避難訓練より) |  人生の一曲: 悪いひとたち(Blankey Jet City ;名古屋の偉大なる先輩)
役者歴: 京都大学入学時より演劇活動を開始。1992年に自ら設立した「総合芸術集団・潔癖青年文化団」(現・劇団ケッペキ)の代表を経て、1995年より劇団衛星を主宰。台本・演出・出演すべてやる、というスタイルを貫いている。

生年月日: 衛星紀元前21年(西暦1973年)10月18日 |  血液型:  A+型 |  星座:  天秤座 |  出身地:  名古屋市内 |  身長: 160cm |  体重:  50kg |  サイズ B 85 / W 75 / H 90 / 靴のサイズ 24cm
略歴:
2003年〜2004年度NPO法人京都舞台芸術協会理事
2005年〜2006年度NPO法人フリンジシアタープロジェクト理事
2006年度 black chamber(劇場:大阪市住之江区)ディレクター
2006年度 ロングラン公演推進委員会(経済産業省・サービス産業創出支援事業)コンソーシアムメンバー。
文化庁「平成18年度新進芸術家国内研修制度」研修員として、平田オリザ氏(青年団)に師事。
2008年度〜2009年度 同志社大学プロジェクト科目にて「演劇で地域の子ども達と学ぶ」企画実践プロジェクト」を担当。
2009年〜2016年 大阪大学コミュニケーションデザインセンターにて「ワークショップデザイナー育成プログラム」に携わる。
2009年 「コミュニケーション力を引き出す〜演劇ワークショップのすすめ」を平田オリザ氏と共著(PHP新書)
2016年 「演劇コミュニケーション学」を平田オリザ氏と共著(日本文教出版)
2020年 京都大学経営管理大学院 研究員
2021年〜 京都大学経営管理大学院 特定准教授
他、大阪大学非常勤講師、京都外国語大学非常勤講師、岡山県立大学非常勤講師、京都光華女子大学非常勤講師、立命館大学客員協力研究員、日本ギャルもて学会事務局長

蓮行流◯◯道場

文責・蓮行2022年8月26日
【蓮行流○○道場#79「蓮行流クロスメディアミクス道場67」】
蓮行です。

大文字の送り火が終わり、急激に秋の気配になってきました…。
迫り来る冬が怖すぎて、「夏よ行かないでくれ!!」と、無意味な心の叫びを発しています。


【先月の蓮行】(8月)

◎大学での前期の授業が終わりました

京都大学経営管理大学院「身体表現芸術とコミュニケーションデザイン演習」
大阪大学国際教育交流センター「Intercultural Communication and Performance」
京都外国語大学「日本語のスキル2ー1」

という、3つの前期の担当講義が終わり、レポートの採点まで完了しました。

京都外大では学部の2〜4回生、
大阪大学では世界各国から来た留学生と数名の日本人大学院生、
京都大学では、半分が学部から進学した大学院生、半分が社会人経験者という学習者の構成で、それぞれで非常にバラエティに富んだパフォーマンスを発表していただきました。

レポートも、世代や出身地域などの属性の違い、個々人の個性の違いも相まって、極めて刺激的で、「おお!演劇にこんな効用があるのか!」と、読んでいて非常に勉強になりました。

今後も、大学もですが、ずっと続けている小中高へのアウトリーチ、社会人へのアプローチ、手を抜かず幅広く継続していきたいと思っています。


【今月の蓮行】(8月末〜9月)

◎京都大学サマーデザインスクール2022でミニワークショップ開催します!

「京都大学サマーデザインスクール」は、2011年の第1回開催以来、これまでにのべ2000名以上が参加してきた、集中型のデザインワークショップ。 様々な分野の参加者と実施者がテーマに分かれ、社会の実問題に真剣に挑みます。(↓下記のウェブサイトよりの抜粋です。)
http://www.design.kyoto-u.ac.jp/sds2022/

私は、株式会社SciEmo、株式会社Embedded Blueとご一緒して、
・「思いつく」から「たどり着く」へ 〜感情を起点にしたアイデア創出で未来のデジタル空間をデザインする〜
というミニワークショップを開催します。
http://www.design.kyoto-u.ac.jp/sds2022/outline/themeM14.html

すでに応募定員に達していますが、見学可能です。というか、見学に来た方も、引っ張り込まれるかもしれません…!

みなさまも秋の足音と冬の影に怯える日々かと存じますが、お互い心を強くして過ごしましょう…。