次回公演

ゴドーを待ちたかった

次回公演の概要

2020年3月に上演した『ゴドーを待ちたかった』を再演いたします!

ユニット美人『ゴドーを待ちたかった』

日時
 2022年 11月4−6日(4ステージ)
 11月4日(金)19:00
 11月5日(土)13:00・18:00
 11月6日(日)13:00
 ※受付開始・開場は開演の20分前
会場
 KAIKA
あらすじ

不条理劇の代表作サミュエル・ベケット『ゴドーを待ちながら』。 いつだったかの未来。高度な人工知能が搭載された2体のアンドロイドたちは、なんやかんやと仕事をしているうちに、「これってめっちゃおもろいやん!」とこの戯曲の面白さに気付いた。上演の意志を獲得し、バーチャルで演劇ができるスペースも押さえ、自分達以外の登場人物のプログラムも組んで、いざ上演しようとしたけれど・・・?
2020年3月初演・アンドロイドたちの待ちぼうけを描いた作品、待望の再演! それらが並べるコードたちは、はたして未来まで生き続けることができるのか?!

出演
  • 紙本明子
  • 福田恵(劇団レトルト内閣)
  • 田川徳子
  • 日詰千栄(はひふのか)
  • 夏目れみ
チケット

一般:2,500円 (当日 3,000円 )
学生:1,500円 (当日 2,000円 )

ギフトチケット:2,000円

ギフトチケット??
必要な枚数だけ購入して、あとから日時指定できるチケットです。家族や友人に舞台芸術をプレゼントしてください。新しい観客に劇場へ足を運んでもらうキッカケになれば…と願っています。 このチケットは、「舞台芸術ギフト化計画(http://fringe.jp/gift/)」を参考に、導入しています。
※枚数限定/発売期間:10月25日まで
チケットのお求めは・・・
eisei's store

スタッフ
作・演出: 黒木陽子
舞台監督:脇田友(スピカ)
音響:三橋琢
照明プラン:渡川知彦
映像:濱田俊輔(Kyoto DU)
演出助手:夏目れみ
宣伝写真:田中沙穂
制作: 吉岡ちひろ(劇団なかゆび)、彩椿
制作協力:植村純子

主催・企画・製作:ユニット美人/有限会社如意プロデュース
共催:劇団衛星、一般社団法人フリンジシアターアソシエーション
助成:文化庁「ARTS for the future!2」補助事業
made in KAIKA

来場される皆様へ

その1
劇場は一面緑色。初演から2年と6ヶ月の間にすっかりお馴染みになったグリーンバックだ。
そして、劇の舞台となるのは「バーチャルシアターサービス」という演劇ができる架空スペース。

・・・賢明なるユーザーの皆様にはおわかりだろう。

そう!この演目は、劇中の2体のアンドロイドたちが配信しようとした企みと、現実のわれわれの企みを重ね合わせたものになっているのだ!
劇場に来た方が目にしたものをどうにかして記録媒体に保存して、後日何かしらの配信システムで、どこかしらのタイミングで、誰ならぬ皆様にお届けしようという取り組みなのだ!

ちなみに映像配信のみの販売はないぞ!(なぜかはこっそり聞いていただけましたらお伝えします)
ぜひ、劇場と配信での実装具合を確認して欲しいのだ!

過去上演写真

お問い合わせ

ユニット美人
電話:075-353-1660(劇団衛星内)
メール:unitbijin@eisei.info