衛星歴4年: 1998 年 9月〜 1999 年8月 の劇団衛星の活動をご紹介します。
上から新しい順に記載しております。
※ゲスト出演者の所属団体名等は当時のものです。

7月興行「血の創世記」

日時:1999年7月9日〜20日 会場:京都吉田神社境内特設ステージ
作/演出:蓮行
出演:岡嶋秀昭 奥田ワレタ 蓮行 田中遊 岡本タダシ 嶺瀬あゆき
   チャック・O・ディーン 陣内幸史郎 新加奈子 真野絵里

久々の野外公演の会場は、名勝吉田神社の境内。
構想2年の「一大血液型叙事詩演劇」は、役上の血液型と出演者の血液型を合わせ、それぞれにプロットを書かせたところ、思った以上に統計的血液型観が現れた作品となる。
この公演にて、近年京都の劇団が成しえなかった1,000人動員の悲願を達成。

5月 パトロンの会会員数3桁突破記念企画 「大解説/お気に入り大戦」

会場:京都精華大学(明窓館104号室)
作/演出:蓮行

パトロンの会会員も、ついに100名を突破。その感謝の気持ちを込めて、会員限定企画。
「衛星劇作作業の縮図」とも言われる即興編集劇「大解説」と、それぞれの役者が過去に演じた中でもっともお気に入りの役柄を演じ、それを蓮行が再編成する「お気に入り大戦」の2本立て。


4月興行 「総理・保科仙吉/超贋作サロメ冒涜版」

日時:1999年4月16日〜25日 会場:アトリエ劇研(京都)4月28日〜29日 会場:シアターポシェット(神戸)
作/演出:蓮行
出演:『保科』 岡嶋秀昭 駒田大輔 橋本裕介 陣内幸史郎 蓮行
   『サロメ』ヌンチャク家おでん(チャック・O・ディーン) 湯川知行 
        奥田ワレタ 黒木陽子 中筋健介

ついに京都・神戸2都市興行を敢行。しかも、初期衛星の2大傑作と言われる作品を2本立てで上演し、16ステージ×2作品のロングラン。
CSスカイパーフェクTV「京都チャンネル」にて全国放送され、初めて衛星の作品が映像になった。

2月興行 「Candle」

日時:1999年2月18日〜21日 会場・:アトリエ劇研
アトリエ劇研演劇祭参加
作/演出:蓮行
出演:チャック・O・ディーン 岡嶋秀昭 真野絵里 黒木陽子 モジャリーノひげ麿
   岡本タダシ 蓮行

今度は地元京都で、西部劇に挑戦。チャック・O・ディーンがニヒルな主人公を演じた。
春休みで学生の居ない京都に、阪神圏から多数のお客さんにお越しいただいた。
この公演を観て、後に劇団員になったメンバーが何人かいる、なつかしい公演。

12月大阪興行 「脳天気番長出馬する」

日時:1998年12月18日〜20日 会場:扇町ミュージアムスクエア
扇町アクトトライアル'98参加
作/演出:蓮行
出演:岡嶋秀昭 チャック・O・ディーン 大木賢二 奥田Ρレタ 湯川知行
   友井田亮 黒木陽子 蓮行

「デフレスパイラルは衛星が斬る!」をキャッチコピーに、大阪へ殴り込みをかけた記念すべき公演。お陰様で大好評を得、扇町アクトトライアル'98の最大の動員、そして過去5回の京都からの参加劇団の記録を塗り替える動員を記録。
衛星の一つの転機とも言える、絶賛を浴びた公演である。

11月実験劇場 「脳天気番長ダンスホールへ行く」

日時:1998年11月21日・23日 会場:京大総合人間学部E11教室
京大11月祭演劇企画参加
作/演出:蓮行
出演:岡嶋秀昭 チャック・O・ディーン 大木賢二 湯川知行 友井田亮
   黒木陽子 蓮行

12月大阪興行に先立ち、プレ公演としてシリーズ前作を披露。
大学祭運営上の都合で2ステージのみの上演となったため、会場前に長蛇の列ができた。
この頃から、京大11月祭には、学ランやセーラー服姿の役者達が出没することが定番となる。

10月特別興行 「宇宙巡査部長ガリバン -万博ホールヴァージョン-」

日時:1998年10月18日 会場:大阪万博ホール
作/演出:蓮行
出演:岡嶋秀昭 真野絵里 蓮行 駒田大輔 チャック・O・ディーン
   モジャリーノひげ麿 伊豆原涼子 粥川責也 他

EXPO大学演劇祭'98参加作品。
初めての大阪公演は、初めての大ホール。ホールのスタッフさんに心配されながらも、大舞台の上に水をはった子供用プールを持ち込み、役者が次々と飛び込んだ。
台風の影響で中止も心配されたが、当日は見事に晴天。午前中の上演だったため、終演後にはエキスポランドでスタンプラリーも実施。

同時上演/新人錬成の会公演 「ガラスの鉄拳」

作/演出:黒木陽子
出演:脇坂亜紀子 図司早織 帆足桃子 中筋健介 黒木陽子

明日の衛星をしょって立つ人材を育成するために、企画立案から全て新人の手による公演を…ということで、「新人錬成の会」を設立。(後の「劇団星衛」の前身。)
この時は、衛星興行と同日程・同会場での同時上演にて行った。
黒木陽子初の作・演出作品。


9月興行 「真鍮のカナリヤ」

日時:1998年9月18日〜27日 会場:ライブハウスCBGB跡
作/演出:蓮行
出演:岡嶋秀昭 チャック・O・ディーン 黒木陽子 モジャリーノひげ麿
   居神敏美 蓮行

廃墟となったビルの地下室を使用。仲間を失ったとあるバンドのお話。若者の死生観を問う、真面目なお芝居。京大アカペラサークル「クレージークレフ」が客席を囲み、生音響を担当した。

衛星歴一年 衛星歴二年 衛星歴三年 衛星歴四年 衛星歴五年 衛星歴六年 衛星歴七年 衛星歴八年

衛星歴九年 衛星歴十年 衛星歴十一年 衛星歴十二年 衛星歴十三年 衛星歴十四年 衛星歴十五年 衛星歴十六年

衛星歴十七年 衛星歴十八年 衛星歴十九年 衛星歴二十年 衛星歴二十一年